プライバシーポリシー

メルマガ

ログイン │  無料登録 
無料レポート
あなたを

一生苦しめる

人生最大の間違い


生きる意味 無料レポート

 2500年以上前に解明され、ほとんどの人が知ることがなかった幸福になれない秘密!お金や名誉を喜ぶ心の奥底で動めく心のシステムを7ステップ80ページでついに公開!!

アドレス:


メルマガにも登録されますが、いつでも解除できます。

著書
このサイトをもとに、中村僚が本名で書いた『生きる意味109』が5万部のベストセラーとなりました!どうもありがとうございました。
『生きる意味109』
人生の名言集


人生観が狂えば人生狂う

なぜあなたは苦しむのか

人生の常識・14のウソ

本当の幸福になるポイント

レビュー

仏教をたたえる人々

よくある質問

テーマ選択

(4 テーマ)


トップ (メニュー)  >  本当の幸福になるポイント  >  頭がよくても愚者とは

頭がよくても愚者とは




 あなたはこれまでいくつもの狭き門をくぐり抜けて
 
 きたのではないでしょうか



 人生とは、どんなものか、ということについて、ある作家は

 「人生とは、いくつもの狭き門をくぐり続けるようなものだ」

 と言いました。


 あなたも狭き門は、中学、高校、何かのコンクール、
 
 スポーツ大会、色々くぐり抜けてきたのではないでしょうか。


 ところが、もしその門がくぐれたら、勝ち組。

 くぐれなければ、負け組。

 と、言われたりします。


 だからみんな、どうすれば、その門をくぐれるかということに、

 一生懸命になっています。

   
 しかし、門をくぐる前には、

 くぐった先がどうなっているのかわからず、

 いざくぐってみると、そこにはまた、

 次なる門が、待ちかまえています。


 そこで、次の門を頑張ってくぐると、

 またまたその次に、門が出てくる。


 かくしていくつもの門をくぐってくぐって

 その先にあるのが、墓場なのだと言われます。


 ほとんどの人が、死に向かって進んでいることを

 忘れているのですが、

 そうやって、どうくぐるかに、

 一生懸命になっているうちに、私たちは、

 最後、死んでゆかねばなりません。



 これでは、あなたは、一体何の為に

 目の前の門をくぐり続けているのでしょうか。


 本当の智慧とは、

 沢山のことを知っていることではなく、

 一番大事なことをしっていること言われます。

 
 どうすれば試験に合格できるか、

 どうすればお金が儲かるか

 そういうノウハウを知るのも大事ですが、

 そういうことに一生懸命になっているうちに

 最後死んでしまいます。
 

 まず一番大事なのは、

 何のために試験に合格し、お金を稼いで

 生きていくのか。

 人生の、最終的なゴールは、

 一体何なのか
を知ることが、

 一番大事なことだといわれます。

 
 仏教では、次のように言われます。
 


生きる意味 蓮如上人
蓮如上人(Wikipedia)

 八万の法蔵を知るというとも、後世を知らざる人を愚者とす。

 たとい、一文不知の尼入道なりというとも、後世を知るを智者

 とす、といえり            (『御文章』)


 常識を打ち破って、人生の知者と愚者を、ハッキリと分けられて

 います。
 

 『八万の法蔵』とはお経のこと。

 今なら百科事典を丸暗記するほど、色々なことをよく知っている

 人でも、後世(死後、後生)を知らなかったら愚者だ。


 人生で一番大事なこと、それは後世を知ることだけど、

 一番大事な後世を知らなかったら愚か者だよ。


 反対に、

 『一文不知』とは、字の縦横もわからない。

 一文不知の尼入道とは、お経なんて一つも知らない人であっても、

 人生で一番大事な後世を知っている人は、知者なんだ

 ということです。


 一体なぜでしょうか。




 私たちの人生の100%確実な未来は、死であります。

 どれだけ狭き門をくぐっても、最後、死んでゆかねばなりません。

 たとえ就職活動をしない人があっても、

 たとえ結婚しない人があっても、
 
 死なない人は一人もありません。
 
 全人類は、死に向かって行進しているのです。
 
 死んだ後どこへ向かってつっこむのか。
 
 あなたの100%確実な未来確実な未来は、どう生きたところで
 
 やがて必ず死んでゆかばならない。
 
 後生へつっこんだら、どこへ行くのか知っている人を
 
 知者というのですね。
 
 これは驚きの言葉です。
 

 一日生きたということは、一日死に近づいたということです。

 生きるということは、死へ向かっての行進。

 生ある者は、必ず死に帰すといわれますように、

 どんな人も死を逃れることはできません。
 

 みんな、どうすれば明るく生きられるかということに注目して

 いますが、

 どう生きたところで、

 どう金を儲けたところで、

 私たちは、やがて必ず100%死んでゆかねばならない。

 という事実を免れることはできないのです。

 
 仏教では、あなたがやがて必ず飛び込んでゆかねばならない

 『死』という大問題を無視して、絶対に明るく楽しく生きる

 ことはできないのだよ

 死の問題を無視することはできない、と教えられ、


 死の大問題を考えない人は生をあまり考えていない人だとも

 言われます。生と死は、紙の表と裏のように、表裏一体をなす

 ものなんだとも言われます。

 そして、その人生最大の問題を解決したところに、

 人生最高の幸せな世界があるのです。

 では、それは一体どんな世界なのでしょうか。


その世界に出る鍵となる

仏教に説かれる「苦悩の根元」を、

1冊の小冊子にまとめました。

まだの方には、ダウンロードURLとパスワードを送りますので、
今すぐご覧ください。


メールアドレス:


 また、最新の情報もメルマガ(いつでも解除できます)で配信しています。


また、もっと詳しく知りたい方には、勉強会もあります。

生きる意味 勉強会のご案内
プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:219 平均点:6.12

前
死の問題を見つめる
カテゴリートップ
本当の幸福になるポイント
次
自分の未来を受け入れる
Copyright (c) '08- 生きる意味 All rights reserved.