哲学で生きる意味が分からない理由

あなたは哲学を学んだことがありますか?



「生きる意味」が分かりそうな分野に哲学があります。

生きる意味を知りたいと思って、

哲学に関心を持つ人も多いと思います。

ところが実際に哲学を学んでみると、


どうも、生きる意味とは違う感じがしてきます。

一体どうしてなのでしょうか?

ここで哲学というのは、

西洋哲学のことです。

西洋哲学の起源は?─神話の世界


西洋哲学っていうと、なんだかかっこいいですよね。

もともと昔のギリシアで生まれたものです。


どうして生まれたのかというと、

哲学以前には、ギリシア神話がありました。

あの全宇宙や天気を支配している神、

ゼウスとかが出てくる話です。


雷を武器に、宇宙を破戒することができて、

神々と人間の父という設定ですね。


このような神話というのは、

何のためにあるのかというと、

世界や国の成り立ちを説明するためです。


例えばイスラエルでは、あの有名な

最初に6日間で世界を創った神もありますし、

日本なら、国や神を生んだ、

イザナギとイザナミもあります。


これらの神話は、世界を説明するのに、

何でもありで自由自在に説明できるのですが、

問題点として、地域によってまったく説明が違うという

欠点があります。

そして、対立や争いが起きます。

よりよい世界説明を求めて哲学の登場



そこで、ギリシアの人が、

もっと、どこでも誰でも共有できるような

世界説明の原理
が欲しいと思ったわけですね。


そこでタレスさんなんかは、

「万物の原理は水である」

と言いました。


今だったら「違うだろ(笑)」と思いますが、

哲学の考え方としては、このように

何かの根本原理によって、

すべてを説明しようとするわけです。


スピノザだったら、

絶対無限の存在者を原理とし、

ヘーゲルだったら、意識からスタートして

全体を説明しようとします。


このように、神話もそうですが、

西洋哲学の目的は基本的に「世界説明」なのであって、

人間の生きる意味は考えた人も、ほんの少しありますが、

答えは出ませんでした。


だから、カリフォルニア大学で哲学の教授をしていた

フィリッパ・フット教授は、

現存の哲学者であれ、過去の哲学者であれ、

この観念(人生の価値)を説明できた人を私は知らない。



と言っています。


哲学書を何百冊読んでも、

人生の意味や価値は、

説明できないのです。

西洋哲学で生きる意味が分からない理由



西洋哲学というのは、そもそも

そういう世界説明が目的のものなので、

人生について学ぼうと思っても、

どうも違う感じがしてしまうのですね。


では、そもそも人生の意味の解明を目的としたものは、
何かあるのでしょうか?

それが、仏教です。

仏教を説かれたお釈迦さまは、

最初から、老いと病と死を超えた、

人生の解決を求めてさとりを求め始められています。


目的が、人生の苦悩の解決なのです。

まとめるとこういうことです。

        目的
 神話─哲学  世界説明

 仏教     人生の解決



もちろん、西洋哲学が何か悪いということではありません。

世界説明を論理的に考え続けてきた歴史があります。


要は、あなたの目的に合わせて、

適切に学ぶことが大切だということです。



では、もしあなたが、人生について知りたい場合、

一体仏教に教えられる本当の生きる意味とは、

どんなものなのでしょうか。


この「生きる意味」を知る鍵となる

仏教に説かれる「苦悩の根元」を、

1冊の小冊子にまとめました。

まだの方には、ダウンロードURLとパスワードを送りますので、
今すぐご覧ください。


メールアドレス:


最新の情報もメルマガ(いつでも解除できます)で配信しています。
今すぐ苦悩の根元を知ってください。