あなたの生きる意味は何ですか?



江戸時代なら、身分制度がハッキリしていたので、
生まれたときから大体人生の方向性が決まっていました。

武士なら武士、
農民なら農民、
職人なら職人、
商人なら商人。

お父さんの後を継ぐ。
今よりずっとハッキリしていました。

ところが、今は職業選択の自由があり、
好きな職業を自由に選ぶことができます。

ところが自由!
といわれると、
逆に不安になってきます。

どこへ向かって生きるればいいんだろう?
自己責任で人生行路を決めなけばなりませんから、
「本当にこの方角でいいんだろうか?」
という不安が出てきます。

その時はこんな仕事をしたい
と思っていても、やってみたら、
実際は思っていたのと全然違ったり、
知らずに就職した先が、
実はブラック企業だったり、
思わぬ誤算がやってきます。

自由な世の中になればなるほど、
自分で人生を考えなければならない、
自由の不安がおそいます。

こんなに自由な社会になったのに、
昔よりもうつ病が増えています。

自由になったからこそ、
将来に対する不安が
大きくなってしまうのでしょう。

私たちは一体、
どこを目指して生きればいいのでしょうか。

生まれてから死ぬまでの間に何をすれば、
人間に生まれてよかった
と満足な人生になるのでしょうか。

実は、この人生全体の目的について、
文学者も心理学者も哲学者も
かつて答えを出せた人はありません。

カリフォルニア大学で長年教授をしていた
哲学者、フィリッパ・フットが、

「今日まで、命の価値を説明できた哲学者を知らない」

と『道徳的相対主義』に書いている通りです。


ところが仏教には、2600年前から、
人間に生まれてよかったと大満足できる
本当の生きる意味、生きる価値が
教えられています。

この、生きる意味を知る鍵となる

仏教に説かれる「苦悩の根元」を、
1冊の小冊子にまとめました。

まだの方には、ダウンロードURLとパスワードを送りますので、
今すぐご覧ください。


メールアドレス:


 また、最新の情報もメルマガ(いつでも解除できます)で配信しています。