プライバシーポリシー

無料メール講座

ログイン │  無料登録 
無料レポート
あなたを

一生苦しめる

人生最大の間違い


生きる意味 無料レポート

 2500年以上前に解明され、ほとんどの人が知ることがなかった幸福になれない秘密!お金や名誉を喜ぶ心の奥底で動めく心のシステムを7ステップ80ページでついに公開!!

もっと詳しく知る

著書
このサイトをもとに書いた『生きる意味109』が5万部のベストセラーとなりました!どうもありがとうございました。 長南瑞生・生きる意味109
『生きる意味109』
人生の名言集


2冊目は、KADOKAWA(角川書店)から『不安が消えるたったひとつの方法』です。
長南瑞生・不安が消えるたったひとつの方法

人生観が狂えば人生狂う

なぜあなたは苦しむのか

人生の常識・14のウソ

本当の幸福になるポイント

レビュー

仏教をたたえる人々

よくある質問

テーマ選択

(4 テーマ)


トップ (メニュー)  >  ホーム  >  仏教に学ぶ生きる意味 水島拓

仏教に学ぶ生きる意味

水島拓 プロフィール


公務員の両親のもと、札幌に生まれました。

小学校の頃は、あまり運動が得意な方ではありませんでした。

それでも、ピアノ、水泳、アウトドアスクール、

よさこいソーランをやっていましたので、

それなりに運動はできるようになりました。

中学で部活をはじめました


中学校ではバスケ部に入りたい、と思っていました。

しかし、入学してからの部活動紹介でびっくり。

バスケ部の男子は全員坊主頭が原則。

即座にバスケ部入部の選択肢は僕の中から消えていました。

友達が多いからという理由で入った陸上部でしたが、

部活の監督の先生が、ほとんど練習を見に来てくれませんでした。

ですので、自分たちで練習メニューを考えていました。

夏場、走力強化のため、鬼ごっこ、警ドロ。

また冬は足腰の鍛錬、持久力強化を目的に、雪中サッカー、

雪合戦をやっていました。

そのおかげで、リレーの第一走者として、

全道大会(北海道規模の陸上競技大会)に出場できました。

高校入試を終え、

道内有数の進学校に合格しましたが、そこへは行かず、

部活に力を入れている私立高校へ入学しました。

高校でも、3年間陸上部に所属しましたが、

思うような結果を残せずに終わりました。

高校時代最大の問題


高校生活で、1番の問題になったのは、進路でした。

学校全体としても、就職や専門学校が多く、

勉強もそこそこしかしてこなかった僕でしたので、

初めは専門学校に進みたいと思っていました。

しかし、担任の先生の助言もあり、

早稲田大学を受験することに決まりました。

その高校から受験する人自体が、少なかったので

案の条、早稲田大学を受験したのは、学年で僕一人でした。

3年時の担任からは何度も予備校や塾を勧められました。

ですが、先生のことが嫌いでしたので、断り続けていました。

クラスの皆から応援してもらい、

黙々と宅勉した結果、

早稲田大学文化構想学部に合格することができました。

努力が実っての結果と、とてもうれしかったのを覚えています。

そのようなことで、現在に至ります。

今は生きる意味について学び、メルマガを担当していますので、

みんな見て下さいね。

水島拓

メールアドレス:






生きる意味

プリンタ用画面
友達に伝える

カテゴリートップ
ホーム
次
プライバシーポリシー
Copyright (c) 2008 - 生きる意味 All rights reserved.