生きる意味の常識のウソ その11

生きる意味は人それぞれ



もしあなたが、生きる意味は、人それぞれというならば、

具体的に思い描いているのは趣味や生き甲斐ではありませんか?


価値が多様化している今日では、一人一人の生き方や趣味は

人それぞれです。

たとえば、大学合格、英会話のマスター、スポーツ大会優勝、

恋人を得る、安定した就職、マイホーム、大金持ち、ノーベル賞

といったものではないでしょうか。


しかしこれらは、

「とりあえず今はこれを目指す」という人生の通過駅であり、

「目標」と言われるものであって、「人生の目的」と言われる

ものではありません。


これらをなしとげれば、幸せになれるのでしょうか。

勿論そんなことはありません。

職業についたら、今度は仕事をしなければなりません。

じゃあどの位仕事をすれば、満足できるのでしょうか。

結果が残せれば、一時的には満足できると思いましたが、

それで人間に生まれてよかった、いつ死んでも悔いなしということでは、

ありません。歴史に名を残すほど何かをなしとげた人たちに

聞いてみましょう。



●ニュートン

あの、古典力学や微分積分学を生み出した巨人・ニュートンも

   

生きる意味 ニュートン
ニュートン(Wikipedia)

「私はただ、真理という大海の砂浜で小石を拾っている子供のようなものだ。」


と言っています。


●ダーウィン

進化論を発表したダーウィンも。

   

生きる意味 ダーウィン
ダーウィン(Wikipedia)

「自分が真実の山をすりつぶして、 一般法則をしぼりだす機械

 か何かになったような気がする。」


と満足してはいないようです。


●ジョン・レノン

   

生きる意味 レノン
ジョン・レノン(Wikipedia)

 「ビートルズは、ほしいだけの金を儲け、好きなだけの名誉をえて

  何もないことを知った」


● A・コーン

競争の研究で知られるA・コーンは


「多くのスポーツ選手が、大きな目標を達成したのに、何も

 得られず幻滅の深い傷を残している」


と言っています。


●村上春樹

   

生きる意味 村上春樹
村上春樹(Wikipedia)

「書くこと自体には効用もないし、それに付随する救いもない」

         『回転木馬のデッド・ヒート』(村上春樹)


●ゲーテ

   

生きる意味 ゲーテ
ゲーテ(Wikipedia)

「結局、 私の生活は苦痛と重荷にすぎなかったし、75年の全

 生涯において、真に幸福であったのは4週間とはなかった。


 世界的に有名な日本の浮世絵画家、葛飾北斎

●葛飾北斎

   

生きる意味 葛飾北斎
北斎・富岳三十六景(Wikipedia)

「天があと10年の命を与えてくれたなら真に偉大な画家になれるのだが…。」

  
と悔いを残しています。

●ルノワール

西洋でも、印象派の画家ルノワールは、次のように言っています。

   

生きる意味 ルノワール
ルノワール(Wikipedia)

「手足がきかなくなった今になって、大作を描きたいと思うようにな

 った。ヴェロネーゼや、彼の『カナの婚礼』のことばかり夢みてい

 る! なんてみじめなんだ!」


●I・シンガー

 ビジネスの世界に目を転じても見られます。
 
 
 何もかも順調に、一生懸命やってたき仕事が、突然ばかばかしく、
 
 無意味に思えてくる人が多い。(I・シンガー『人生の意味』)
 
 
 MIT哲学教授のI・シンガーは指摘しています。



 人生の目的は、人それぞれと一般的には考えられています。

 100人いれば100通りの人生があると、誰もが思っています。

 ところが、そう思って人生をスタートし、

他人から見れば成功している人たちが、このように、

最後、かなり同じパターンの言葉を残しています。

 あれ程のことをやったアインシュタインも

   

生きる意味 アインシュタイン
アインシュタイン(Wikipedia)

「あと3年生きたい。あと3年あれば統一場の理論が完成できた

 のに…。」


 と葛飾北斎と同じ悔いを残しているのです。


これはあまりにワンパターンではないでしょうか。

自分だけに偶然起きたと思うことでも、実は似たようなことが、

みんなに起きていることがあります。自分のことしか知らないだけです。

こういう人生観の人の人生は、実は人それぞれではなく、

実はある一つのパターンから出られないのです。


 その証拠に、あなたも、

「人生の目的は人それぞれ、自分のやりたい夢に向かって生きるんだ!」

と思ってはいないでしょうか。

自分が死ぬ時、満足できそうですか?

あなたもパターンを知らない為に、同じパターンにはまってゆくのです。

自分独自のケースだと思いながら……


それが、お釈迦様の


大命まさに終わらんとして懼悔こもごも至る(大無量寿経)



という言葉です。


『大命まさに終わらんとして』とは、臨終にということ。

『懼悔』とは、

『懼』とは死んだらどうなるかわからない、未来に対するおそれ

『悔』とはこれまでの人生に対する後悔です。


ムダな日々をすごしてきた。求めるものが間違っていた。

才能、財産、権力があれば他人はうらやむが、わが身には

よろこびも満足もない。
なぜ心の底から満足できる幸せを

求めなかったのか。後悔のため息ばかりであると

セネカ(二千年前のローマの思想家)も言っています。

生きる意味 セネカ
セネカ(Wikipedia)

「こんなはずではなかった」と、死を前にした時に知らされる

真っ暗な心に驚く、後悔にちがいないでしょう。


仏教では、この真っ暗な心こそ、苦悩の根元であり、

その真っ暗な心を破って本当の幸せになることが、

生きる目的だと説かれています。


この仏教に説かれる「苦悩の根元」を、

1冊の小冊子にまとめました。

まだの方には、ダウンロードURLとパスワードを送りますので、
今すぐご覧ください。


メールアドレス:


 また、最新の情報もメルマガ(いつでも解除できます)で配信しています。


また、もっと詳しく知りたい方には、勉強会もあります。

生きる意味 勉強会のご案内