生きる意味の常識のウソ その2

自分は生きている意味はない。




 自分は、生きている意味のない人間だ。
 
 自分は人生のはずれくじを引いてしまった。
 


 果たしてそんな人があるのでしょうか。

 気になるデータが出ています。
 

「首都圏の大学生六〇〇名に意識調査を行い、

(一九九七年大正大学調べ)とんでもない結果が明らかになってきた。

「何となく満たされないものを感じることがある」学生は、

全体の81%『むなしさの心理学』(諸富祥彦)



また、『日本村一〇〇人の仲間たち』には、


「こんなに恵まれているのに、日本村では年々、若い人たちの

自殺が急増しています。25〜39才の死因のトップは、

自殺です。

村では、「ただ何となく不満」という人たちが増えています。

4割の人がそう思っています。

かといって、その原因を聞いても、本当に何が不満というわけでも

ないのです。

『日本村100人の仲間たち〜統計データで読み解く日本のホント

のすがた』
(吉田浩)


日本は、世界的にも恵まれた国なのに、

自分の生きる意味がわからない人が

増えているのではないでしょうか。


あなたもそんなふうに感じることはありませんか。




たとえば、周りの人とうまくコミュニケーションが取れず、

なかなか友達ができなかった時、教室の片隅で一人でいる自分って、

とっても希薄。


他の人は友達がたくさんいていいけれど、自分はいない。

どうせ自分なんか誰からも必要とされていないのさとか

思わないでしょうか。


また、みんな活躍して、クラスがサッカー大会で

優勝して喜んでいるのに、

自分はメンバーにも選ばれないで、それを遠くから

離れて一人で見ている自分って、居場所がない。


みんなは、スポーツができるのに、自分は運動神経がゼロ。

そんな時、どうせ自分なんかいてもいなくても同じさと

思わないでしょうか。


あの人は、あんな人気があるのに、自分にはない。

この人はこんなとりえがあるのに、自分は何のとりえもない。

はずれくじをひいてしまった。 


「自分なんかどうせガラクタだもの。

 誰からも必要とされていないのだから。

 居ても居なくてもいい。生まれてこなければ良かった、

 生きるだけ嫌な思いするだけだ」と思ってしまいます。


でも、だれしもこんな思いにかられる可能性があります。




いままで、会社では部長と言われ、皆から尊重されて、

自分は価値のある人間だと思っていた人が、退職する。


すると、誰からも部長と呼んでもらえない。


勤めていた時は、沢山来ていた年賀状も、

今はこれだけしか来ない。

そうなったら、自分って必要とされていない人なのか、

と落胆しないでしょうか。
 
道ですれ違っても、かつての部下は挨拶もしてくれない。
 
こんなとき自分って、居てもいなくてもいい存在だと

感じるものです。


また職場では、自分の居場所が見出せない、お父さんが、

せめて家に帰った時ぐらいは、自分の居場所がほしいと

思って帰宅します。

ところが


「父かえる、茶の間の子供ら 部屋帰る」




というサラリーマン川柳がありましたが、

家でも自分の居場所がない、

家族にも必要とされていない、

そんなお父さんは多いのではないでしょうか。


そんなとき、自分の存在は透明だ、

誰からも必要とされていない

居ても居なくてもいい、こんな自分は、

すぐにゴミ箱行きとなるはずれくじのような人間

だと思うのです。


当たりくじがわかる時




ところが、生きる意味を知れば、

自分が、はずれくじというのは間違いで、

大変なあたりくじであったと分かります。

たとえ人気があろうがなかろうが、友達がいてもいなくても、

スポーツができようができなかろうが、

才能があろうがなかろうが、

そんなことにはまったく関係なく、

生きている一人一人に重要な生きる意味、目的があるんです。
 

その意味や目的が大事だからこそ、

その目的を果たすための命が大事になってくるのです。


全ての人、一人一人に生きる意味あるんです。

決してはずれくじではありません。


天上天下唯我独尊




仏教では、天上天下唯我独尊といわれます。

これは、ただ自分だけが偉いといわれている

言葉ではありません。

『天上天下』とは、

 大宇宙広しといえどもということです。
 
『唯我独尊』
とは、

われわれ人間だけにしかできない、

たったひとつの尊い使命があるのです。

生きる目的が一人一人にあります。

ということです。


その生きる目的がはっきりすれば、

勉強も仕事も健康管理もこのためだと

全ての行為が意味を持ち、心から充実した人生になるでしょう。


病気がつらくても、人間関係に落ちこんでも、

競争に敗れても、「大目的を果たすため乗り越えなければ」と

生きる勇気が湧いてくるのです。


生きる意味がないのと、

生きる意味がわからないのとは、

全く違います。


あたりくじがあたりくじと分かるのは当選番号を

聞いてはじめてわかることです。


同じように、生きる目的が、あるということを聞かせて

もらわなければ、そんな意味ある命だとは分かりません。


その「生きる意味」を知る鍵となる

仏教に説かれる「苦悩の根元」を、

1冊の小冊子にまとめました。

まだの方には、ダウンロードURLとパスワードを送りますので、
今すぐご覧ください。


メールアドレス:


 また、最新の情報もメルマガ(いつでも解除できます)で配信しています。


また、もっと詳しく知りたい方には、勉強会もあります。

生きる意味 勉強会のご案内