生きる意味の常識のウソ その1

みんなに合わせるべきである


日本では特に、周りの人の総意と思われているものに、

自らを殺してあわせてゆく習慣があり、

大変大事なことです。


しかし、『生きる意味』を人にあわせるのでしょうか。



あなたの人生は、あなたが自分で視野を広く持ち、

よく考えなければなりません。


ところが、小さい頃からほとんどの人が、

何のために生きるのかも

何のために働くのかも、

何のために勉強するのかさえ考えません。


あなたは何のために勉強して、働いて生きていくのですか?




中学三年になれば、みんなと同じように高校受験をし、

高校三年になれば、みんなが就職すれば、自分も就職し、

みんなが大学に行けば自分も大学に行きます。


だから志望大学を選ぶ基準は、ほとんどが、偏差値。

とりあえず自分にいける、一番高い偏差値の大学に行っておけば、

選択の幅も広がるし。

という程度の人が多いのではないでしょうか。

しかし、そういうふうに、みんなと同じように生きていった場合の

行く先は、たいていみんなと同じです。


『完全自殺マニュアル』
には、次のように出ています。


 あなたの人生はたぶん、地元の小・中学校に行って、塾に通いつ

つ受験勉強をしてそれなりの高校や大学に入って、4年間ブラブラ

遊んだあとどこかの会社に入社して、男なら20代後半で結婚して

翌年に子どもをつくって、何回か異動や昇進をしてせいぜい部長ク

ラスまで出世して、60歳で定年退職して、その後10年か20年

趣味を生かした生活を送って、死ぬ。どうせこの程度のものだ。

しかも絶望的なことに、これがもっとも安心できる理想的な人生

なんだ。(鶴見済『完全自殺マニュアル』)



これでは一体何のために生きているのでしょうか。

『採用の超プロが教える仕事の選び方、人生の選び方』には、

次のように記されています。



「何のために生きているのか」という命題は、人間として毎日考え

続けなければいけない課題なのではないだろうかと私は思っている。

プロ野球選手になりたいと思う人は多いが、なれる人は少ない。

しかし、プロ野球選手を目指さなかった人は、絶対にプロ野球選手に

なれていない。人生の目的もそれと同じだ。

つまり、生きる目的を死なないためと答える人は、100%本当の

目的を見つけることはできないのである。

『採用の超プロが教える仕事の選び方、人生の選び方』(安田佳生)




「生きてきて本当によかった」という満足がなく、来る日も来る日

も同じことのくり返しならば、ゴールを知らずに走っているランナ

ーと同じです。ゴールに近づく喜びもなければ、「やった!」とい

うゴール突破の感激もないと思ったら、足に力が入るはずがありま

せん。目的地がハッキリしていてこそ元気に走り通せるのは、人生

行路も同じです。



人生を語らない人もあるかもしれませんが、口に出そうと出すまいと、

自分が満足できる生きる意味を探すのは、他人に合わせるものでも

ありません。


この「生きる意味」を知る鍵となる

仏教に説かれる「苦悩の根元」を、

1冊の小冊子にまとめました。

まだの方には、ダウンロードURLとパスワードを送りますので、
今すぐご覧ください。


メールアドレス:


 また、最新の情報もメルマガ(いつでも解除できます)で配信しています。


また、もっと詳しく知りたい方には、勉強会もあります。

生きる意味 勉強会のご案内