人生の常識は間違いだらけ


大人になったからって人生わかるわけじゃない


 
生きる意味は、

「人生経験を積むにつれて、だんだんとわかってくる」

と思う人が多くあります。
 
しかし、何も学ばないのに、ひとりでに人生がわかるわけでは

ありません。


そう、99%の人が、人生についてはシロウト

何もわかっていないのです。

かの天才・芥川龍之介は、

自伝的作品『或阿呆の一生』には、長男の誕生を、こう嘆いています。


生きる意味 芥川
芥川龍之介(Wikipedia)

なんのためにこいつも生まれて来たのだろう?この娑婆苦の充ち満ちた世界へ

                       『或阿呆の一生』(芥川龍之介)



華厳の滝を自殺の名所にした、旧制一高(東大の前身)で哲学を学んでいた

十八歳の青年、藤村操



生きる意味 藤村
藤村操(Wikipedia)

悠々たる哉天壌

遼々たる哉古今

五尺の小躯を以て此大を測らんとす

ホレーショの哲学竟に何等のオーソリティーを価するものぞ

万有の真相は唯一言にして悉す

曰く不可解

『巌頭の感』


このように、人生を不可解と言っています。


実際、生きる意味、命の尊さを説明できた哲学者を知らないと、

カリフォルニア大教授P・フットは、論文「道徳的相対主義」

に書いています。哲学書を何百冊読んでもわからないのです。

「生きる意味は自分で見つけよう」

と言う人ばかりですが、

実際にその人は、自分で生きる意味を見つけたのでしょうか。

実績ある人からのアドバイスなら聞く価値はありますが、

見つけていない人が、

他人に自分で見つけようというのは、説得力がありません。



このサイトに訪れたあなたは別ですが、

100人いれば、98人は、生きる意味、なぜ自分は生きるのかを

そもそも考えていないのではないでしょうか。

こんど聞いてみて下さい。

それは、頭のいい悪いに関係なく、人間の本質にかかわる問題です。

いい大学を優秀な成績で卒業、一流企業に就職しても、そんなことを

まったく考えずに生きている人もいるでしょうし、

しかし、大学なんかいかなくても、考えている人はあると思います。


100人中、1人は、考えるけれどわからない人です。

芥川龍之介や、藤村操も、そのような人でしょう。

このような有名人に限らず、悩む人はあるのではないでしょうか。


100人中、最後の1人は、人生の目的を知り、果たすことが

できる人だと言われます。

あなたもその一人なのではないでしょうか。


2600年前のインドでも、仏教を説かれたお釈迦様が、

生きる意味をはっきりと知られ、それを教えられています。

結論が早く知りたい方は、


この「生きる意味」を知る鍵となる

仏教に説かれる「苦悩の根元」を、

1冊の小冊子にまとめました。

まだの方には、ダウンロードURLとパスワードを送りますので、
今すぐご覧ください。


メールアドレス:


 また、最新の情報もメルマガ(いつでも解除できます)で配信しています。


また、もっと詳しく知りたい方には、勉強会もあります。

生きる意味 勉強会のご案内