なぜ幸せは続かないのか

「人生けっこう楽しいよ」という人もあります。


 あなたもそう思いませんか?

 苦しみがやってきていないのは、大変幸せなことです。

 しかし、たとえ今は楽しくとも、そう長くは続きません。

 将来必ず、失う時がやってきます。


 いい学校の合格した、いい仕事につくことができたといっても、

 喜びは一時的で、すぐにまた元通りです。

 時代の寵児ともてはやされたIT社長も、不正が見つかれば、

 あわれ獄中の人となるのです。


 今しばらくけっこう楽しいだけで満足なら、

 それでもいいのですが、やがて必ず崩れる時がやってくる。


「諸行無常」聞いたことありますか?


 仏教では、これを『諸行無常』と教えられます。

 『諸行無常』とは

 『諸行』とは、すべてのもの。

 『無常』とは、常がない。続かない。


 だから『諸行無常』とは、

 すべてのものは常がなく、続かないということです。
 

 すべてのものは、続かない。

 仏教の大切なコンセプトですが、

 たいていは学校で習ったことのある言葉です。

 どこにでてくるかご存じでしょうか?


 軍記物語の最高傑作、平家物語の冒頭に、


 『祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり』

 と出てきます。
 
 祇園精舎というのは、沢山の仏弟子が修行している所で

 その仏弟子がなくなった時に、無常堂という場所の鐘を

 ならしたところから来ています。
 

 すべてのものは、続かないんだ。


 これは当たり前ではありません。
 
 このウェブサイトも、パソコンも、続きません。


 このサイトも、作った当初からすれば、

 かなり充実しまして、だいぶ変わりました。

 また、やがて必ず閉鎖になる時がやってきます。


 諸行無常。すべてのものは続かない。


 こんなの当たり前だと思いませんか?


 ところが、これが

 「このサイトも続かない」なら、

 「ふ〜ん」ですが、

 
 「あなたのお肌も続かない」となると、

 「なに〜!」となります。

 自分にとって大事なものになると、

 「なにー!」となるのです。



 だけど、これは勝ち目のなか戦いです。

 皮膚の細胞が、昔はぴんぴんにはっていたのが、

 だんだんかさぶたのようになってきます。


 お肌のピークは、

 女性は18。

 男性は20。
 
 一番きれいなんだそうです。

 
 女性は、18から下り坂。

 男性は、20から下り坂。


 このたとえをこれ以上書くと

 苦情のお問い合わせを頂きそうなので

 ここで終わりますが、


 自分の大事なものだと、

 諸行無常が、当たり前だと思えません。

 「やだー!」となります。
 
 諸行無常だから、ペンは力が強ければおれます。

 しかも、「ふ〜ん」で終わるのでは。


 でももしこれが、

 あなたの大切な人だったらどうでしょうか。


 それが大事なものなら、とたんに

 この諸行無常の真実がつらくなります。
 

 しかも、すべてのものは続かないのですが、

中でも続かないものは、心だと言われます。


 心というのは、盆の上の卵のように、コロコロ動くから

 ココロと言われるとも言われます。


 こんなのは当たり前じゃないかと思うかも知れませんが、

 自分の大切に思っている人の心が、

 ちょっとしたきっかけで変わってしまうのではないかと思うと、

 あなたも不安になるのではないでしょうか。


 自分の大切にしているものが、諸行無常だから、まだ崩れていな

 いうちから、いつか崩れるのではないかという不安が常にある。


実はお釈迦様が出家されたのも、同じ理由でした。


 それは、約2600年前のインドにさかのぼります。

 カピラ城に住んでいた、浄飯王という王様にシッダールタという

 太子が生まれました。この太子こそ、後に仏のさとりを開く、

 お釈迦様です。幼い頃から、学問も武芸も卓越した才を持ち、

 将来の地位も名誉も約束されていました。しかも、やがて国一番

 の美女と結婚し、かけているものは何もないはずでした。
 

 それなのに、ただ一つ、手に入らなかったものがありました。

 それこそ、科学の進歩により、豊かな生活を送っている現代の

 私たちも同様に手に入れることができない、心からの安心と満足

 だったのです。


 一体なぜでしょうか。

 それは、

 健康、

 財産、

 地位、

 名誉、

 妻子、

 才能

 などに恵まれても、やがてすべてに見捨てられる時がくる。

 どんな幸福も続かないことを知っていたお釈迦様は、

 そんな人間存在の本質を知るにつけ、

 まだ崩れていないうちから、

 心からの安心も満足もできなかったのです。

 あなたもミニ・シッダールタではありませんか?


 
 そしてついに、

「どうすれば、崩れない、本当の幸せになれるのか」

 29才の2月8日、夜中ひそかに城を抜け出し、山奥深くに入り、

 そのこと一つを探求し続けたのです。
 

 そして、6年間の、想像を絶する厳しい修行の末、

 『仏』という最高のさとりを開き、この解決を見いだしたのです。


この答えを知る鍵となる

仏教に説かれる「苦悩の根元」を、

1冊の小冊子にまとめました。

まだの方には、ダウンロードURLとパスワードを送りますので、
今すぐご覧ください。


メールアドレス:


 また、最新の情報もメルマガ(いつでも解除できます)で配信しています。


また、もっと詳しく知りたい方には、勉強会もあります。

生きる意味 勉強会のご案内