「なぜ人を殺してはいけないのか」


 テレビでは、若者の、信じられないような殺人事件が

 世間を騒がせています。


 あなたは、「なぜ人を殺してはいけないのか」

 聞かれたら、答えられるでしょうか。


 ここで、生きる意味に関係の深い、

 この問題について考えてみましょう。
 

 学校のホームルームの時間にも、

 人命の尊厳とか、


 なぜ命は尊いかとか、

 そういうテーマが論じられるようになっています。


 かつて朝まで生テレビで、

 17才の少年をパネラーとして集めて、

 世の識者達が話し合ったことがあります。
 

 その中「じゃあ先生方に聞きたいのですが、なぜ人を殺しては

 いけないのですか?」と聞くと、口角泡を飛ばす評論家達が、

 みんなシーンとなってしまい。

 コマーシャルに入ったことがありました。


 「なぜ人を殺してはいけないのか」

 という問いは、

 一般的に愚かで危険な問いだと言われます。

 確かに危険ではありますが、決して愚かではありません。


 哲学的な問題を含んだ問いなのです。


ではどんな答えが用意されているか。



 大きく分けると、3つ用意されています。


 1 倫理的水準の答え

 2 社会的水準の答え

 3 哲学的水準の答え



1 倫理的水準の答え



 倫理的水準の答えというのは、

 倫理道徳、モラルの水準で

 出る答えです。


 たとえば、

「なんで人を殺したらいけないんですか?」

「ダメに決まってるだろ、ばか。

 そもそもそんなこと言うこと自体がオマエはおかしい。

 そんなこと言うやつは、げんこつだ。」

 というようなものです。
 

 確かに、こういう人が多い時代は、健全な時代かもしれません。

 これも一つの答えですが、この答えは、

 あなたは答えになっていると思いますか?


 他の質問に同じように答えると次のようになります。


 「なんでだめなの」

 「ダメだからダメ!」


 「なんで空は青いの?」

 「青いから青いの!」


 これでは、その答えを正真正銘知りたい人に取って、

 本当に答えたことにはなりません。

2 社会的水準の答え



 社会学を勉強すると、この水準の答えをレポートに

 まとめることができます。

 どんな答えかというと、

 人を殺すということは、社会に不利益をもたらす。

 社会に不利益をもたらすものを、社会は罰する。

 これも社会学で説明できます。


 ということは、

 『人をあやめると、あなたは社会から罰せられますよ。

  罰せられたくなかったら、やめなさい。』

 ということになります。
 
 よく、少年法を改正した方がいい、もっと重くした方がいい

 というのは、この社会的水準から出てくる答えです。
 
『何で人を殺したらいけないの。』

『殺したら、あんたも刑務所に入ってくさい飯くわなきゃ

 いけないよ。殺したら、社会からあなたも殺されるよ。

 人生めちゃくちゃになるよ。』

 こういう答えです。


 ところが今日、この社会的水準の答えでは、とめられないところ

 まできてしまっていると言われています。
 
 アメリカの銃乱射は、最後必ず、自分のこめかみに拳銃をあてて

 死ぬ。


 『もうどうせいい。』

 『そもそも自分の人生ガラクタなんだ。』

 『自分をこんなふうにした社会に仕返ししてやりたい』

 『もう殺してくれよ。』
 

 罰せられますよと言われても、どっちでもいい。

 となってしまうのです。

 ここまで来ると、もうとめられません。


 自分の人生が大事だという気持ちがある人なら、

 歯止めになります。

 しかし、自分の人生どうなってもいいくらいに投げてしまっている

 人からすれば、少年法を改正しても、どれだけの効果がある

 でしょうか。
 

 時代は、エゴイズムからニヒリズムへと言われます。

 ニーチェが私が死んだ100年経たなければ私の思想は理解されない

 といって20世紀が始まりました。

 そして、今21世紀。

 ニヒリズムの時代となりました。
 

 エゴイズムで生きている人は、自分がかわいいから

 社会的水準の答えで止められます。

 
 しかし、ニヒリズムの人は、自殺したい。

 そんな人に対して、どれだけの効力を発揮するでしょうか。



 そうなると、いよいよ哲学的水準の答えがハッキリしなければ

 とめることはできないということです。

 つまり、なぜ人命は尊厳なのか。

 自分の人生、或いは人間が生きるということに、

 どんな意味や価値があるのだろうか。


 実は、

 「なぜ人を殺してはいけないのか」

 という問いは、

 人生の意味がわからないと、本当の意味で、

 答えが出てこないのです。
 

3 哲学的水準の答え



 いらない紙を破いても、

 誰もわーっとかきゃーっとか言いません。


 ところが、同じ紙でも、

 一万円札の100枚くらいの束を窓から投げようと

 すると、わーっとかきゃーっとか言いいます。


 人の物でも、1万円札破れません。

 まだぴんぴんに使えるパソコンを、あなたは

 人のものだと言ってけっとばせますか?
 

 人の命が重い、人生に意味がある、

 とハッキリしている人は、

 めったなことで、ゴミ箱に捨てるように、

 人を殺すことはできないです。
 

 だから、人生の意味がハッキリしなければ

 なぜ人を殺してはいけないのかということについて、

 答えはでないのです。

 これが、哲学的水準の答えです。
 

 ここまで来ると、

 なぜ人を殺してはいけないのかということも

 なぜ苦しくても自殺してはいけないのかということも、

 同じことが問われていることに気づきます。


 一体なぜ、人間は生きなければならないのでしょうか。

 人生の意味は何なのでしょうか。
 

この「生きる意味」を知る鍵となる

仏教に説かれる「苦悩の根元」を、

1冊の小冊子にまとめました。

まだの方には、ダウンロードURLとパスワードを送りますので、
今すぐご覧ください。


メールアドレス:


 また、最新の情報もメルマガ(いつでも解除できます)で配信しています。


また、もっと詳しく知りたい方には、勉強会もあります。

生きる意味勉強会のご案内