プライバシーポリシー

メルマガ

ログイン │  無料登録 
無料レポート
あなたを

一生苦しめる

人生最大の間違い


生きる意味 無料レポート

 2500年以上前に解明され、ほとんどの人が知ることがなかった幸福になれない秘密!お金や名誉を喜ぶ心の奥底で動めく心のシステムを7ステップ80ページでついに公開!!

アドレス:


メルマガにも登録されますが、いつでも解除できます。

著書
このサイトをもとに、中村僚が本名で書いた『生きる意味109』が5万部のベストセラーとなりました!どうもありがとうございました。
『生きる意味109』
人生の名言集


人生観が狂えば人生狂う

なぜあなたは苦しむのか

人生の常識・14のウソ

本当の幸福になるポイント

レビュー

仏教をたたえる人々

よくある質問

テーマ選択

(4 テーマ)


8 芸術

芸術にまで影響があるんですか?


目次


1 リヒャルト・ワーグナー

2 槇原 敬之

3 手塚治虫

4 棟方志功

5 植木等


1 リヒャルト・ワーグナー

最後の作品は仏教劇として構想


 クラシックの世界に熱狂的なファンを持つ、リヒャルト・ワーグ

 ナー
(Wilhelm Richard Wagner, 1813〜1883)は、オペラの名作

 を幾つも残したことで知られます。ニーベルングの指輪は、演奏

 に四晩かかる、史上最大の音楽作品であり、ローエングリーンの

 「婚礼の合唱」は、誰もが一度は耳にしたことのある結婚行進曲

 です。

 ところが、古代印度の生活、中でも特に仏陀および托鉢僧から深

 い影響を受けたと述べ、最後の作品、パルジファルは、もともと

 仏教劇として構想されていました。
結局はそうなりませんでした

 が、輪廻の問題を取り入れています。

 また、未完成の作品「勝利者」は仏教の資料によって、美男にし

 てお釈迦様の十大弟子の一人、阿難に恋した不可触民の美しき少

 女プラクリティの伝説を扱い、次のように言っています。



生きる意味 ワーグナー
リヒャルト・ワーグナー(Wikipedia)

 (仏教のような)世界観に比べると、

どんな教説でもおそらく偏狭で、

固陋と思われないわけには行くまい。



 固陋(ころう)……見聞が狭くてかたくなであること。
 古いことに頑固に執着し、新しいものを嫌うこと。(広辞苑)


2 槇原 敬之

大ヒット・シンガーソングライターの
新たなモノサシ


SMAPが歌ってヒットした「♪世界に一つだけの花」や

「♪どんなときも」「♪もう恋なんてしない」など多くのヒットソングを

持つ、シンガーソングライター・槇原敬之(まきはらのりゆき 1969〜)。

かつては日常の恋愛がテーマの曲が多くありましたが、最近は「世

界に一つだけの花」や「僕が一番欲しかったもの」など、生きるこ

とや人間のアイデンティティがテーマの曲、本人いわく“ライフソ

ング”を発表しています。 しかも、雑誌のインタビューで次のよう

に語っていました。


生き死にを考えるようになった。

僕の好きなお坊さんの言葉に

『他事を学ぶ前に、まず臨終を学べ』

っていうのがあって。必ず訪れる

“死”と、きちんと向き合えってことです。


(中略)


仏典って、僕にとっての新しいモノサシに

なってる。
それでいて僕の歌がジジくさく

ならないのは、仏典がいつまでも古くならない

“魂の設計図”だからだと思う。

(情報マガジン『R25』2007年11月1日号)



3 手塚治虫

12年がかりでお釈迦様を描く

 医学の博士号を持つ、手塚治虫(てづかおさむ、1928〜1989)は、

 ある時期、マンガは有害図書と非難を浴びたこともありましたが、

 新たな道を次々と切り開き、それまでの表面的なマンガを深い内

 面を持った物語に昇華させ、今日不動の地位を築き上げました。

 「バンビ」の影響で「ジャングル大帝」を書き、それがまた「ラ

 イオンキング」に影響を与えるなど、尊敬するディズニーと相互

 に高めあったことも有名です。

 その手塚治虫が「ブッダ」を書いた時、創作が多すぎるなどの非

 難をあびながらも、「あくまで子供向けのマンガで仏伝そのもの

 を描こうとしたものではない」として、一つのファンターとして

 12年間で完結しました。お釈迦様については、次のように語っ

 ています。
 

 ぼくには何よりも率直に言って

すごい哲学者だということです。

 いわゆる仏教の教えを説いた

宗教的カリスマであるというよりも、

 哲学者として偉大である。

その深い広大な思想は、歴史を超え、

 むしろ現代にこそ生かされなければ

ならない、実はもっとも新しい思想だと

思うのです。
ブッダを書いて、

ぼく自身いい勉強になりました。

(毎日新聞1984,6,26)




4 棟方志功

20世紀の美術を代表する世界的巨匠


 青森県出身の版画家・棟方志功(むなかた しこう 1903〜1975)

 は、20世紀の美術を代表する巨匠として世界的に有名です。

 第二次世界大戦中、富山県に疎開して浄土真宗にふれ、仏教をモ

 チーフとした作品を数多く生み出していることでも有名


 『阿弥陀如来像』『蓮如上人の柵』『御二河白道図』『我建超世

 願』『必至無上道』など、数々の名作を残し、次のように言って

 います。


いままでの自分が持っている

一ツの自力の世界、自分というものは

自分の力で仕事をするとうようなことから

いや、自分というものは小さいことだ

自分というものは、なんという無力なものか

何でもないほどの小さいものだという在り方

自分から物が生まれたほど小さいものはない。

そういうようなことをこの真宗の教義から

教わったような気がします。



 棟方志功『板極道』





5 植木等

「およびでない?」「スーダラ節」の
国民的コメディアン



「お呼びでない?」で有名な、高度経済成長時代の日本を代表する

コメディアン・植木等(うえきひとし、1926〜2007)は、2007年3月、

心不全で、80年の生涯を閉じました。

その植木等が爆発的な人気をうるきっかけとなったのが、有名な

「スーダラ節」です。

ところが、「スーダラ節」の楽譜を渡された時、植木等は「この曲を

歌うと自分の人生が変わってしまうのでは」と悩んだそうです。

僧侶であった父親に相談したところ、次のように励まされ、歌うこ

とを決意しました。

『人類が生きているかぎり、

 このわかっちゃいるけどやめられない

 という生活はなくならない。

 これは親鸞聖人の教えに通じている。

 そういうものを真理というんだ。

 上出来だ。がんばってこい。』

この「スーダラ節」の爆発的ヒットの後、

植木等は、急上昇してゆきます。

このように、芸術の世界にも影響を与えている仏教には、

本当の「生きる意味」が説かれています。

それを知る鍵となる仏教に説かれる「苦悩の根元」を、

1冊の小冊子にまとめました。

まだの方には、ダウンロードURLとパスワードを送りますので、
今すぐご覧ください。


メールアドレス:


 また、最新の情報もメルマガ(いつでも解除できます)で配信しています。


また、もっと詳しく知りたい方には、勉強会もあります。

仏教に学ぶ生きる意味 勉強会のご案内
プリンタ用画面
友達に伝える

前
7 社会
カテゴリートップ
仏教をたたえる人々
次
9 ビジネス
Copyright (c) '08- 生きる意味 All rights reserved.