7 社会

では、何か現代社会の役に立つのでしょうか


目次


1 シューマッハ

2 ロバート・サーマン

3 河原宏

4 安斎育郎

5 ヨハン・ガルトゥング


1 シューマッハ 


「仏教経済学」
スモール・イズ・ビューティフル


 イギリスの世界的な経済思想家、シューマッハ(Ernst Friedrich

 Schumacher 1911-1977) は、1973年、オイルショックの年に

 衝撃作『スモール イズ ビューティフル―人間中心の経済学』を

 出版しました。すぐに各国語に翻訳され、途上国よりも、先進国

 に新鮮な感覚をもって受け容れられ、世界的ベストセラーになり

 ました。


 その中で、再生不可能な資源に立脚する経済は愚かであり、再生

 可能な資源に立脚すべきことを論じ、小さな範囲の中で自己循環

 する仏教経済を提唱しています。

 さらに、「これからは仏教の経済学を考えなくてはならない」

 述べ、次のように言っています。


生きる意味 シューマッハ
シューマッハ(Wikipedia)

「正しい経済成長の道は、唯物主義者の無頓着と

伝統主義者の沈滞の間の中道、つまり八正道の

『正しい生活』を見出すこと」
 
『スモール イズ ビューティフル』は、今日、ニューエイジ経済

 学の古典として、第二次世界大戦後もっとも影響を与えた100

 冊に数えられています。


また、スモールイズ ビューティフル再論 (講談社学術文庫)には

次のように記されています。


「東方は真理の上に眠っており、欧米は過誤の

 真只中に生きている。」


いちばん助けが要るのはだれだろうか。

疑いもなく、欧米である。

なんとなれば、いつ世界をぶちこわすこもしれない

悪魔的な力の意のままに突き動かされているからである。


 仏教の八正道の一つに「正しい生活」かある。

 したがって、仏教経済学があってしかるべきである。



2 ロバート・サーマン


女優ユマ・サーマンのお父さん・米コロンビア大学のロバート・

サーマン
(Robert Thurman 1941〜)教授は、米誌『タイム』の

「アメリカで最も影響力のある二十五人」の一人にも選ばれました。

ハーバード大学の学生だった時、カントやヘーゲル、 ヴィトゲン

シュタイン、ハイデッガー、フロイトなどの著作を読んでいるうち

に、 西洋哲学には飽き足らないものを感じるようになり、東洋に

自分の 求めているような真実や精神的な師に出会えるのではないか

と思うようになったそうです。

そして、ヘルマン・ヘッセの『シッダールタ』という小説や

いくつかの仏典を読んだことで、仏教には何かがあると

いう確信を深め、本格的に学ぶようになったそうです。

サーマン教授はいいます。


生きる意味 ロバート・サーマン
ロバート・サーマン(右)(Wikipedia)

仏教への関心はアメリカにおいて

力強い伸びを見せています。

仏教は宗教というより、むしろ内面の科学、

あるいは心理学として受け止められる傾向があります。

2001年に同時多発テロが起こった時、

仏教に対するアメリカ人の反応には

若干の変化が見られました。


あの事件以後、遺憾ながら多くのアメリカ人は暴力を、

特にイスラム教徒に対して行使する権利があると

考えるようになりました。


仏教の標榜する非暴力は一種の弱さ、

あるいは真に愛国的ではないと見なされることもありました。


しかし、より知的で良識のある人々は、テロリストの

攻撃に対し報復的な暴力で応じることは、本質的な

意味では何事も成し遂げ得ないと認識するように

なりました。


単に膨大な出費と罪のない市民を巻き込む

非人道的な殺戮をもたらすだけであると。

ですから今日では仏教的な非暴力主義を

一層高く評価する人が増えていると思います」




3 河原宏

政治学の早稲田大学名誉教授


 東京生まれの政治学博士。現在、早稲田大学名誉教授の河原宏

 (かわはら・ひろし,1928〜)氏の専攻は日本政治思想史ですが、

 その取り扱う時代の異様な広さは、要するに、「有史以来すべて」

 古代ヨーロッパにおける「労働」の位置づけや、科学の問題まで、

 縦横に論ずる学者です。

 科学は、情から離れていき、理の面でも不完全であることが分か

 ってきていますが、そんな中、河原氏は情、理、両面での仏教の

 すごさに感嘆し、多くの日本人に知られている「諸行無常」の4

 文字の奥深さを感じ、次のように語っています。


 明らかに科学も永劫不滅の存在ではない。

「諸行無常」の摂理は科学をも支配する。

 もちろん、同じ運命は、現在、金と力の優越によって

強盛をほこる超大国、その他、諸々の大いなるものの

運命をも支配している。

人間が持ちうる最も宏壮・雄大な歴史観、

それは「諸行無常」の一語に集約されている。


人は「奢れる者久しからず」の言葉を、

情としても理においても否定できないであろう。


4 安斎育郎

放射線防護学、平和学の立命館大学名誉教授


 安斎育郎(あんざいいくろう、1940〜)は、立命館大学名誉教授

 立命館大学国際平和ミュージアム館長。専門は、放射線防護学、

 平和学ですが、結構面白い人です。

 長年、東大で教官(公務員)として勤めながら、「雇い主」日本

 の原子力・核政策を激しく批判してきたことで知られています。

 その一方、オカルト現象を批判・解明する「不思議博士」として

 もその名が知られるようになりました。

 『超常現象の科学』『だまされない極意』など、40冊以上の著

 書があります。

 立命館大学の授業では『華厳経』を、合理的、としてとりあげ、

 サンデー毎日の連載にも、以下のように書いています。


仏教の大事な考え方に、「因縁因果の思想」がある。

「因」は直接原因、

「縁」は周縁的・背景的・間接的条件を意味する。

だから、「因縁因果の思想」とは、

「物事は、直接的原因と間接的条件が

重なって起こる」という非常に科学的な

考え方にほかならない。

原因もなく超常現象が起こることを容認する

「超能力志向」とは明らかに違う。

なんと合理的な考え方ではないか。



5 ヨハン・ガルトゥング

平和学を開いたノルウェーの政治学者


中央大学、立命館大学などで客員教授を務め、平和学という学問を

開いたノルウェーの政治学者、ヨハン・ガルトゥング(Johan

Galtung、1930〜 )は、数学と社会学の博士号をもち、29才で

オスロ国際平和研究所を創設。雑誌 Journal of Peace Research

の編集長として、ヨーロッパにおける平和研究を主導しました。平

和=戦争のない状態と捉える「消極的平和」に加えて、貧困、抑圧、

差別などの構造的暴力がない「積極的平和」を提起し、

平和の理解に画期的な転換をもたらしました。

1987年、もう1つのノーベル賞といわれるライト・ライブリフッド

賞を受賞しています。

その、ヨハン・ガルトゥングは、

犯罪者と被害者の関係に対する仏教的なアプローチが、社会秩序の

発展をもたらすと、次のように論じています。


生きる意味 ガルトゥング
ヨハン・ガルトゥング(左から二番目)
(Wikipedia)

今日、西洋世界では、政体としての国家が、

神の超越的な権威の世俗的な後継者と

なっています。このため、たとえば犯罪は、

しばしば国家または国民に対する犯罪と

呼ばれます。

その結果、犯罪者対被害者の関係は、

犯罪者対国家の関係に置き換えられました。

国家が裁判を行い、判決を下し、刑を執行するわけ

です。これはつまり、被害者も慈悲も姿を消し、

犯罪者へのこだわりと裁判の経過だけが後に

残るということです。


これとは対照的に、仏教による解釈とは

「犯罪者と被害者は一つの悪い業(カルマ)を

共有しており、両者はともにその悪業を転じな

ければならない。そして、それは事件について

内省する「内なる対話」、犯罪者と被害者の

間の「外なる会話」、そして道理にかなった

勤勉な努力によって達成される”というものです。


こうした仏教的なアプローチは犯罪者と被害者を

たがいに結びつけるものであり、それは今日

私達が知っているものよりも垂直的でない

(犯罪者と被害者をさほど差別しない)社会秩序

の発展をもたらすことでしょう。



このように、大変注目を集めている仏教には、

本当の「生きる意味」が説かれています。

それを知る鍵となる仏教に説かれる「苦悩の根元」を、

1冊の小冊子にまとめました。

まだの方には、ダウンロードURLとパスワードを送りますので、
今すぐご覧ください。


メールアドレス:


 また、最新の情報もメルマガ(いつでも解除できます)で配信しています。


また、もっと詳しく知りたい方には、勉強会もあります。

仏教に学ぶ生きる意味 勉強会のご案内